代表挨拶

代表挨拶

私たちアプリシエイトは、資金も信用も実績もなにもないところから始まりました。
頼れるものは、なけなしの技術と信じあえる仲間だけでした。会社の発展のために
一人ひとりが精一杯努力する、経営者も命をかけて社員の信頼にこたえる。その
ような心を信じ、社員のみんなが本当にこの会社で働いてよかったと思う、すばら
しい会社でありたい考えて、やっていくことがアプリシエイトの経営です。こうし
た心をベースとした経営をしてまいります。

このような考えに至る経緯として、
私は、過去に「死」について覚悟するほどの状況に追い込まれました。
3か月以上の間、四方八方塞がりの中で思い悩みもがき苦しんでおりました。
そんなある日、ふと立ち寄った書店である本に目がとまり、
手に取ってみると「鏡の法則」という本でした。

その本を読み進めていく内に、自分と照らし合わせたのでしょうか、涙がとまりませんでした。
その本の お陰で自分はいままでの行いなどすべてを悔いました。

そして私は気付きました。「生きているのではなく、生かされている」と。

生かされている人生を、今後どのような生き方をすれば良いのかを決めたのが、
「鏡の法則」の中で推薦本として紹介されていた「生き方(稲盛和夫著)」でした。

この2冊の書籍が私の人生を変えた本です。
この「生き方」という本を読んで、いままでの出来事全てが必然であり、自分に必要なことで
あることをしり、それを受け入れることのできる自分になりました。
その当時は悪夢としか思えなかったことが、人生最良の出来事だと気づいた瞬間でした。これを
私は神の啓示だと思って疑いません。このような経験をしたことで、私は人生にとって最も重要で
あることは、「気づき、そして感謝すること」だと確信した瞬間でした。
私は、宗教家ではありません。しかしながら、仏教でいう「因果応報」は宇宙の大原則であると
確信しています。まさに善因は善果を生み、悪因は悪果を生むことを体験しており、正に因果応報だと
確信した体験でした。

いま振り返ってみても、あの出来事は必然であり、天が与えた試練(神の啓示)だったと受け止めています。

事業についても、「人間として何が正しいのか」を問いただし、正しさを貫いていくこと、
そして、原理原則に立ち返り、利他の心(美しい心)を判断基準にしていくことが成功の近道であると確信しております。

私の座右の銘は、「君子は義にさとり、小人は利にさとる」

まさにビジネスも人間の生き方にも通じる信念であります。
私たちは「世のため 人のため」に何ができるのかを追及し、社員、お客様、地域社会の方々の幸福を追求すると同時に、
人類社会の進歩発展と地球再生に貢献することを理念として邁進してまいります。


株式会社アプリシエイト
 代表取締役社長 和田 幸哉